乳首黒ずみ クリーム

乳首の黒ずみ改善したい!効果のあるクリーム選びとお手入れポイント

乳首の黒ずみなんとかしたい!そんなあなたのために今回は乳首ケアに効果的なクリーム選びやお手入れのポイントをご紹介していきます。

 

乳首専用のクリームを選ぶ時にはどのような成分や効果があるモノを選ぶべきなのか、ぜひ参考にして、乳首の黒ずみ改善に一番効果のあるお手入れを始めましょう!

 

乳首が黒ずむ原因は?

 

乳首の黒ずみをホームケアで改善していく場合、市販されている乳首専用のクリームでのお手入れがメインとなります。専用のアイテムが多数市販されていますが、成分や効果にも違いがあるので自分に合ったものを選ぶことがお悩み改善の近道です。

 

乳首が黒ずむ原因はいくつかあり、改善するためにはその原因を解消するお手入れが必要になります。自分に合ったクリームを選ぶためには、まず乳首が黒ずんでしまった原因を理解しておくことが重要です。

 

乳首の黒ずみの原因でまず挙げられるのが、摩擦の影響です。
自分に合っていないブラジャーを日々使用していると、乳首は常に下着に擦れることになり、肌にダメージを与えているのです。

 

摩擦により受けたダメージは皮膚内部の刺激となり、メラニンの働きを活発化させます。メラニンは肌を守るために重要な働きをしますが、シミやそばかすの原因にもなる色素です。乳首の皮膚内部で過剰に分泌されると乳首が黒ずむ原因になります。

 

次にあげられる原因はエイジングです。年を重ねるにつれて乳首が黒ずみ、20代の頃よりも乳首が濃くなったと感じる方も多いのではないでしょうか。実は加齢も乳首を黒ずむ原因に大きく関わっています。

 

肌は約28日を1周期とし、新しい細胞を生み出しながら不要になった角質を剥がれ落とし肌を再生させていきます。これはターンオーバーと言われ、美しい肌を保つためには重要な働きになります。

 

剥がれ落ちていく不要な角質には、乳首の黒ずみの原因となるメラニンも多く含まれており、正常に排出されることで乳首は元々の色を維持することができます。

 

しかし30代を過ぎると28日周期だったターンオーバーが35日~40日とかなり遅い周期になっていきます。ターンオーバーの周期が乱れると、乳首にメラニンが残り、黒ずみの原因となってしまうのです。

 

そして最後に挙げられる原因に、妊娠・出産があります。
乳首の黒ずみは妊婦さんやママのマイナートラブルとして悩んでいる方も多く、驚くほど乳首が黒くなってしまう方も少なくありません。

 

妊娠によって乳首が黒ずむ理由は、女性ホルモンが影響しています。女性は妊娠すると妊娠を継続するために必要なホルモンを分泌するようになります。この時、女性ホルモンのバランスが変化することで、肌は刺激を受け、メラニンを過剰に分泌するようになります。

 

先ほどもお伝えした通り、メラニンが過剰に分泌されることで乳首が黒ずむ原因になります。特に乳首の周りはメラニンがもともと多いため、さらに黒く、そして大きくなってしまうこともあります。

 

また出産後、赤ちゃんの授乳することで、乳首の刺激となり黒ずみが悪化することも考えられます。しかし妊娠や授乳をきっかけに乳首が黒ずんだ場合、出産後や卒乳後に黒ずみが軽減した方も多い傾向にあります。

 

乳首の黒ずみは以上のような原因で生じます。
このような原因と肌質や肌の状態、またお手入れ法などによってもお悩みの深刻度が変わっていきます。

 

乳首の黒ずみ改善!効果的なクリームを選ぶポイント

 

乳首の黒ずみを改善するためには、まず美白の効果があるクリームを選ぶことが重要です。
乳首専用の黒ずみ対策のクリームであれば、美白成分が配合されていると考えて良いでしょう。

 

クリームに含まれるおすすめの美白成分は、メラニンの生成を抑制する「トラネキサム酸」、メラニンの黒色化を防ぐ「アルブチン」、美白効果が高くターンオーバーを正常な状態に戻す「ビタミンC誘導体」などが挙げられます。

 

黒ずみ改善効果の高い美白成分と、肌のバリア機能を高める保湿成分がしっかり含まれたクリームを選ぶようにすれば、乳首の黒ずみも早期改善できるはずです。

 

クリームを効果的に使って乳首の黒ずみケアを!

 

乳首が黒ずむ原因は個々様々なので、自分に合った対処法を見極めることが大切です。
乳首専用のクリームを選ぶ際も、あなたの黒ずみの原因に一番改善効果が期待できるものを選んで、日々のお手入れを効果的なものにしていきましょう。