乳首黒ずみ レーザー

乳首の黒ずみはレーザーで治す!気になる効果と治療について

乳首の黒ずみを改善するために、美白のお手入れなどを行われている方も多いようですが、お顔と比べても黒ずみが目立つ乳首は、なかなかスキンケアの効果を実感することが難しく、改善が見られないといったお声をよくいただきます。

 

確かにお家で行う乳首ケアには限界があり、20代前半の頃のような色に戻すのはもっと効果的なケアが必要になります。
そこでおすすめしたいのがクリニックで行うレーザー治療です。

 

レーザー治療であれば、あなたの元々の乳首の色により早く近づけることができます。
乳首というデリケートな部分なので症例等の写真を目にすることは少ない施術ですが、実は意外に人気の施術なのです。

 

そこで今回はクリニックで行う乳首の黒ずみのレーザー治療についてご紹介していきます。

 

乳首の黒ずみを改善するレーザー治療とは?

 

乳首の黒ずみを早く何とかしたい!とお悩みが深刻化している場合は、美容クリニックや美容皮膚科でレーザー治療を行うのが一番早く効果を実感できる方法と言えるでしょう。

 

乳首が黒ずむ原因は、皮膚の中にメラニンが過剰に分泌し蓄積していることです。
シミやそばかすの原因ともなっているメラニンは、表皮の基底層部にあるメラノサイトによって分泌される色素です。

 

メラニンは肌サビとなる活性酸素から肌を守るために必要ですが、過剰に分泌されることで肌の黒ずみを悪化させることになるのです。もともと乳首の皮膚は他の部分よりも色が濃いため、メラノサイトが多く、メラニンが分泌されやすい場所でもあります。

 

クリニックで行われるレーザーは、メラニンを多く含み黒ずんでしまった乳首に照射することで、皮膚の中に留まっているメラニンを破壊し、皮膚内の色素を目立たなくしていくという効果があります。

 

レーザーの種類は病院によっても変わってきますが、主に使用されているのが2つの波長を持ち、シミ・ホクロ・そばかす・入れ墨治療など広く使用されているQスイッチYAGレーザーと更に改良された新型のピコレーザーがあります。

 

多くのクリニックではQスイッチYAGレーザーを使用しているところが多いので、新型ピコレーザーでの治療を希望する場合は、クリニックを受診する前にホームページなどを確認して、どんなレーザーを使用しているかをチェックしておきましょう。

 

乳首の黒ずみを改善するレーザー治療の効果と費用

 

では次にこの2種類のレーザーの特徴や効果などを詳しく見ていきましょう。

 

まずQスイッチYAGレーザーは10億分の1秒という速さでレーザーが照射され、黒ずみの原因であるメラニンを破壊していきます。
2種類の波長を持っているため、より肌内部にあるメラニンにも働きかける効果があります。

 

レーザーの性質上、照射漏れや黒ずみの色素によって、色むらが生じるケースもあります。
乳首の状態を見ながら1回~10回程度、施術を繰り返すことになります。1度の施術で1万円~2万円程度の費用がかかり、クリニックによっては回数に応じて割引の適用もあります。

 

10億分の1秒というQスイッチYAGレーザーに比べ、新型ピコレーザーは1丁分の1秒という、さらに上回る速さでメラニンを破壊していきます。またQスイッチYAGレーザーよりも小さな黒ずみにも対応しているため色むらが出にくいのも特徴です。

 

1度の施術で2万円前後かかり、QスイッチYAGレーザーよりも少々高めではありますが、早ければ1度で納得いく乳首の色に改善されることもあるので、施術回数はQスイッチYAGレーザーよりも少ないでしょう。

 

乳首の黒ずみ改善にレーザーを使用する場合、上記2種類のレーザーどちらにも共通して、日焼けをしている・乳首の皮膚が荒れている・光アレルギー体質・妊娠中など当てはまる方は施術することはできません。

 

授乳中の方は新型ピコレーザーであれば、レーザーの強度を調節しながら行うことができるので、安心して施術することができます。

 

乳首の黒ずみはレーザー治療で治そう!

 

クリニックでのレーザー治療は、乳首の黒ずみ改善に高い効果が期待できます。
しかし費用面や肌質など考えておくべき点もいくつかあります。

 

興味はあるけど、美容医療は敷居が高い、はじめの一歩が踏み出せない…という方はぜひ参考にして、選択肢の一つにレーザー治療を入れてみましょう!