乳首黒ずみ 産後

ママのあるある!?産後に生じる乳首の黒ずみの原因と対処法

女性は妊娠・出産を迎えることで体に様々な変化が現れるようになります。
そして出産後のママのお悩みで意外と多いのが、乳首の黒ずみです。
個人差はありますが、人によってはまっ黒乳首になってしまうことも…

 

そこで今回は、なぜ出産後に乳首が黒ずんでしまうのか、気になる原因や対処法について詳しくご紹介していきます。
ぜひ参考にして、元の乳首に戻るために効果的なケアを始めましょう!

 

出産後に乳首が黒ずむ原因は?1

 

出産後に乳首が黒ずんでしまうのは、皮膚の中のメラニンが影響しています。メラニンと言えば、シミ・そばかす・紫外線などをイメージする方も多いかとは思いますが、メラニンは紫外線以外の原因でも肌に影響を与えているのです。

 

メラニンは肌の表皮部のメラノサイトという細胞から分泌される色素です。シミ・そばかすの原因であるメラニンは、あまり良いイメージを持たれることはありませんが、お肌の健康を守るためには重要な存在でもあるのです。

 

肌が強い紫外線を浴びたり、摩擦による刺激を受けたりした時に、肌に影響を与えないようにメラニンがダメージを吸収する役割を担ってるのです。メラニンが過剰に分泌されている時は、それだけ肌が何らかのダメージを受けているということなのです。

 

メラニンが過剰に分泌されても、肌は新陳代謝を繰り返しているので、古い角質とともにメラニンは排出されていきます。ただこの新陳代謝がスムーズに行われないことで大量にメラニンを含んだ角質が肌に滞り、黒ずみの原因となってしまうのです。

 

出産後に乳首が急激に黒ずんでしまうのは、いくつかの要因により肌にダメージや刺激が加わり、メラニンが過剰に分泌されるようになるからです。
まず考えられる要因がホルモンバランスの影響です。

 

女性はホルモンバランスの影響を受けやすく、月経・妊娠・出産・閉経などホルモンバランスが乱れやすくなります。特に妊娠・出産時は、女性ホルモンの影響が強くなり、体には様々な変化が現れるようになります。

 

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)との2種類があり、妊娠中は妊娠を継続させるためにこの2つの女性ホルモンが、常に優位に働いている状態が保たれています。

 

この女性ホルモンは、メラノサイトの働きを活発にさせる働きもあるため、妊娠中にはメラニンが過剰に分泌されるようになり、乳首の黒ずみを悪化させるようになります。乳首と同様、脇の下やデリケートゾーンも黒ずみやすい部分です。

 

次に考えられる原因は、授乳による肌ダメージです。出産後は赤ちゃんに頻回授乳するようになります。そのため赤ちゃんが授乳を始める前から、授乳によるダメージを未然に防ぐために体の防御反応が働き、メラニンが大量に蓄えられるようになります。

 

また授乳が始まると赤ちゃんが乳首を吸う力は日に日に強くなるため、乳首にとっては大きなダメージとなり、さらにメラニンが過剰に分泌されるようになります。

 

出産後は、ホルモンバランスや授乳の影響によって、メラニンが過剰に分泌されるようになります。出産後は生活が腹側になりがちで、体の免疫力自体も下がっているため、肌の代謝がスムーズに行われにくくなっているのも乳首の黒ずみが悪化する原因と言えるでしょう。

 

産後に黒ずんでしまった乳首を改善する方法

 

出産後は上記の通り、ホルモンバランスや授乳の影響を受けて乳首が黒ずんでしまいます。
しばらくするとホルモンバランスが整ってくると、乳首の色も徐々に戻ってくるようになります。

 

しかし一度乳首が黒くなってしまうと、元のようなピンク色に戻るのは難しいでしょう。
改善するためには、乳首のケアも重要なポイントになるので、しっかりお手入れするように意識していきましょう

 

乳首の黒ずみをケアするためには、メラニンの過剰分泌を抑制することと肌に留まっているメラニンをスムーズに排出するお手入れが必要になります。メラニンに対するケアは美白効果のあるクリームなどでお手入れするようにしましょう。

 

より効果的にケアするなら、乳首専用の美容液やクリームなども市販されているので、毎日のボディケアにプラスしてみるのもオススメです。

 

また女性ホルモンのバランスを整えるためには、規則正しい生活習慣や栄養バランスの整った食事など、食生活が大きく影響しています。出産後はなかなか思うような食生活が送れないことが多いとは思いますが、そういったことに少しずつ意識を向けることも大切です。

 

産後の乳首の黒ずみはしっかりケアして!

 

産後は乳首の黒ずみなどの体のマイナートラブルにショックを受けてしまう女性はかなり多いですが、産後半年から1年でホルモンのバランスが安定してくるので、あまり気にしすぎないようにしましょう。

 

まずは赤ちゃんとの生活を一番に考えて、徐々に元の生活や体の状態に戻していけるよう、無理せずにケアしていきましょう。